池田邸 あいだに住む家 / House I

これは、世田谷区の一種低層住居地区(容積率150%、建蔽率60%)に建つ、
夫婦と子供2人のための住宅です。

クライアントの要望は、敷地いっぱいに建物を建てず、
また、周囲に対して閉じた感じの家にはしたくないというものでした。

敷地に対して斜めに置いた2つのボリュームのあいだに、
ただトップライトを架けて内部空間とすることで、
閉じすぎず、開放しすぎずという心地よさの釣合い点を追及しています。
トップライトの上部は日よけの木製ルーバー兼デッキテラスとし、
子供たちの遊び場になっています。

隣地との隙間に生まれる6つの三角形状の外部空間にはそれぞれ木々を
配置し、内部空間の開放性を保ちつつ、街並みに対しては、敷地の
コーナーに必ず
植栽があることによって圧迫感を減らしています。

詳しくは、ムービーをご覧ください。
(宜しければ操作バー右の設定から、画質720pHDを選んでご覧ください。)

This house is located in a residential area in Setagaya->ku, Tokyo. The area is called “Isshu teiso jukyo chiiki” literary translated to “category 1 low rise-rise exclusive residential districts” that have mostly 2-story or 3-story houses.
The owner of this house is a couple with two children.

The owner requested us not to plan the site full of buildings, and inner spaces of the house aren’t perfectly exposed and also closed to the surrounding area.

We put two volumes paralelly at an angle with the site’s major direction, and hang the top light just between them to create inner space that have a nature of  exposure and  closure.
The top light is covered with wooden louvers that also serves as the role of a deck terrace.
Children like to play there very much.

We place trees in six external triangular spaces born in the gap of neighboring land, as to maintaining the openness of the internal space, and planted greens in every corner of the site may reduce the feeling of pressure on the surrounding area.

Please see the movie in detail.